心と心のコミュニケーションNHA 学校行事の一コマ

心と心のコミュニケーションNHA 学校行事の一コマ

娘の小学校で開かれた学習発表会へ行きました。
(これは、まだコロナウィルス感染が起こる前の話です。)
各クラスで、生活科や総合学習で学んだことを発表するものです。

発表の後に、保護者も、質問や感想を伝えてください、とお便りにありました。

娘の発表を見終えた後、他のクラスも回りました。

一つ上の学年の廊下を通ると、
「見ていってください」
とのお誘いを子どもたちから受けたので、発表を見せてもらいました。

その発表の上手なこと。
ああ、本当に一生懸命練習したんだなあ、と感動して、その勢いで、感想を伝えました。

なぜ上手だと思ったか、子どもたちのしたことを細かく伝えて・・・。
そして、感じたことを伝えました。

私が話した内容は、特に素晴らしいものではなく、至って普通だったと、
思います。

でも、その時の私の内側は、
子どもたちの発表への感動で、
あったかくて、じーんとして、揺さぶられて
の、状態になっていたのです。

つまり、
私は、
ハートが全開の状態で話していました。
(あ、私、すっごく心を開いて話していたなあ、と後で気づいたのですが。)

発表が終わり、教室を出ようとしたときです。

「ありがとうございました!」
発表したグループの子どもたちに呼び止められたんです。
そして、
「次もがんばります!」
「感想、とてもうれしかったです!」
「ありがとうございました!」
って。

その瞬間、
ああ、この子達も心を開いてくれている。
この子達のうれしさや感動が伝わってくる。
これらの言葉は、誰かに指示されて出てきたものではない。
子どもたちの内側から湧いて出たものなんだ。
と感じました。

全く知らない子どもたちです。
一緒に時間を過ごしたのは、この10分ほど。
関係性はなく、だから信頼関係だって結ばれていません。

でも、子どもたちと私はつながりました。
心でつながりました。
お互いの心の動きを感じ合えました。

その奇跡のようなつながりに、私はまた心揺さぶられました。

これが、NHAのパワーなんです。

NHAで相手にアプローチすると、
本当の意味で、心と心がつながる関係が築けるのです。
本当の意味で、相手の中の素晴らしさが輝くのです。
本当の意味で、相手の中に自信を育むのです。

NHAを実践し、
心からの承認の言葉が出せるようになると、
相手との心からの、真の、関係づくりができる。
それを、改めて学びました。

これは、ミラクルではありません。
NHAを実践すると、誰にでもできることなのです。

心と心でするコミュニケーション。
それが、NHAです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です