校内研修にNHAを取り入れる

学校の抱える課題や悩みは、年々複雑化しています。
不登校、発達障害、虐待、貧困など、子ども達が抱える背景の多様化。学校を取り巻く価値観の多様化。

その中で、教職員の病気休職が後を絶たず、若手教員の早期離職がじわじわと増加しています。

どのような状況であっても、一人ひとりの子ども達が、自己肯定感をもち、楽しく学び、成長していくためには、教師と子どもたちの信頼関係がまず大切です。授業でも、行事でも、学校の活動の基盤は、人間関係です。

どのような状況であっても、教師が自己肯定感をもち、働きやすさ、働き甲斐を感じられるようにするためには、縦と横の関係が円滑になることが必要です。居心地のいい職員室、相談し合える関係。やはり、学校の基盤は人間関係です。

研修にNHAを取り入れるメリット

NHAは、大人と子供、大人同士、子ども同士の健康的な人間関係を構築することができる方法です。

発達障害や家庭環境、それまでの生い立ちなどは関係なく、ありのままの子どもの中に、その子がもつ素晴らしい力を見ることができます。誰かや何か(評価基準、価値観など)と比較せずに、「あなたは、本当にすごいんだよ。」と伝えられ、子ども達も「本当に、その通りだあ。」と納得できる方法です。

比較をしないので、天狗になるような自信がつくわけではありません。
ほめるわけではないので、誰もが認める成功がなくても、子ども達を承認することができます。

子ども達は、本当の意味での自己肯定感をもつことができます。
こうして認められる経験を重ねることで、「今」の子ども達を支える自己肯定感ではなく、「20年後、30年後」もその子を支える自己肯定感を育てられます

学校生活のありふれた場面の中で、その子の素晴らしさを見つけられるので、どんな子に対しても、有効です。また、子ども同士でも、お互いの良さを見つけられるようになります。

これは、子どもに対してだけではなく、教職員に対しても、同じ効果があります。

子どもと先生の自己肯定感を育てます
▶先に管理職が研修を受けることで、まず先生が認められる経験をすることができ、子ども達を認めることも円滑にできるようになります。
▶先生は、どの子どもとも、健康的な人間関係、信頼関係を築くことができます。
▶子どものもつ本当の思いまで、細かくその子を理解することができるようになり、学びの内容が発展したり、深まったりします。
▶先生にとって働きやすい学校、居やすい職員室、働き甲斐のある仕事となり、定着率が上がります。

NHAを取り入れた校内研修の流れ

①事前相談
事前に、管理職様や担当者様と面談し、それぞれの学校のニーズや現状を伺います。その上で、ニーズや現状に合った研修を構成していきます。(約1時間。面談あるいはオンライン会議)

②校内研修
回数や時間設定は、学校様のご希望に合わせたものにし、進めていきます。

③フォローアップ研修
一回の研修で、NHAの定着を図るには、限りがあります。フォローアップ研修を行うことで、再確認や事例検討を行い、NHAがより定着し、効果を発揮することを目指します。

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所 (都道府県のみ)(必須)

電話番号(必須)

お問い合わせの種類(必須)
NHA個人セッション講演会・研修会のご依頼NHAワークショップ・講演会のお問い合わせ無料研修のお問い合わせ・ご依頼その他

お問い合わせ内容(必須)