不登校の子どもの素晴らしさを見る -中学生編

不登校の子どもの素晴らしさを見る -中学生編

中学生の登校時間帯が終了し、一時間ほどたったころ、中学の脇の道を歩いていく一人の中学生を見かけました。その中学のジャージを着て、その中学のかばんを背負って。その子は、中学の門には入らず、通り過ぎていきました。そして、不登校の子ども達が通う、市営の教室がある建物に入っていきました。

 

ああ、すごいな、と思いました。

 

何もなければ、ただの道です。

でも学校に行けないのに、自分の学校の真横を歩いて通る。

もしかしたら、先生に会うかもしれない。友達に会うかもしれない。何か言われるかもしれない。思い出したくない出来事を思い出すかもしれない。

そんな不安や恐怖があってもおかしくない状況です。

でも、歩いた。

 

中学のジャージを着て、中学のかばんを背負って行く。

そのジャージやかばんから、学校が思い出されるかもしれない。

行きたくても行けない。もしくは、

行きたくないから行かない。

どちらにせよ、自分の体に、学校の物が張り付いている。

袖を通すことさえ辛いかもしれないのです。

でも、着ている。背負っている。

 

時刻は、8時台。

教室へ通う時刻を守り、指定された通りの格好で、規則的に教室へ向かう。自分の足で、前に進む。

 

これは、できて当たり前のことでしょうか?

 

学校へ行って当たり前。

学校へ行けないのなら、代わりの場所へ行って当たり前。それは、しなくちゃいけない。

学校へ行かなくても、規則正しい生活をしなくちゃ。

 

そんな思い込み、価値観、期待のハードルをもっていたら、

この子がしていることは、できて当たり前のことでしょう。

 

でも、思い込みや価値観や期待のハードルを手放して、この子を見た時、何が見えてくるでしょうか?

 

勇敢さ

忍耐強さ

自律心

恐怖を乗り越える力

 

たくさんのこの子の素晴らしさが見えてくるのです。

 

この子を見かけた時、

今この瞬間の素晴らしさを認めてもらえているのかな。

認めてもらえているといいな。

「あなたは、行けなくなってしまった学校の横を歩いているよね。もしかしたら怖い気持ち、いやな気もち、不安があるかもしれないよね。それでも歩いてここまで来た。それはあなたの勇敢さなんだよ。」

というように。

 

不登校という体験は、この子にとって、失敗に感じられているかもしれません。

自分はダメだな、って思っているかもしれません。

 

見方によっては当たり前に見える事。

多くの人には問題に思える事。

でも、

見方を変えると、この子の素晴らしさがたくさん見つけられるのです。

それは、

脚色でも、おだてでも、大げさでもなくて、

ありのままのこの子の事実です。

 

見方を変え、この子の良さを、素晴らしさを見つけて伝えて行ってあげることで、

この子自身が失敗や問題と感じている中で、この子の成功をつくりだしてあげることができます。それが重なっていけば、自信へと変えていける。

 

NHAは、子どもが成功するのを待っていません。

大人が、積極的に見方を変え、ありのままに承認することで、成功をつくり出す。

やがて、子ども自身も自分をありのままに承認できるようになる。

そんなアプローチです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です