子どもへの関わり方 -NHAは、どう違うの?

子どもへの関わり方の違いをご紹介します

子どもへの関わり方。
NHAは、他の方法とどう違うの?
色々ありますが、一番大きな違い・・・。

ズバリ、方法です!

NHAでは、通常と全く反対のタイミングで人にかかわります。

例えば・・・、

私の娘が年長さんの頃の話です。

娘は、魚があまり好きではありません。(今でも(^^;))
そして、食卓の上のおかずを見ると、魚でなくても、
「えーっ!今日のおかずいやー!」
とか、
「これ、おいしそうじゃない!」
などと文句を言うことがよくあります。

さて、みなさんならどう反応しますか?

私がとりたくなる反応は、こんな感じ。

「出されたものに、文句言わないの!」
「お母さんだって一生懸命作ってるんだよ!作った人に失礼だよ。」
挙句の果てに、
「そんなに言うなら、食べなくていい!」
って言いたくなります。

いや、実際、言っちゃう(苦笑)。

いそがしい中で一生懸命作って、
魚いやがるから、食べてもらえるように工夫して、
お腹空いているだろうから急いで作って、

なのに、こんなこと言われると、つい、いらっとするわけです。

どんな日常の中で、思い直し、NHAを意識できた日もあります。

その日は、魚メニュー。
娘:「ええーっ!また魚!?」
私:淡々と、「ご飯に文句は言いません。席についてね。」
娘:時間をかけて、ぶつぶつ言いながらも、渋々席につく。

食べている最中、文句言っていた魚を、ちびりちびり食べている娘。その瞬間!
私:「いやだって言っていたけど、魚、食べられているね!」と承認。

しばらくして、魚が4分の1減ったことに気づく。その瞬間!
私:「すごい!さっきより、魚が減っているよ。食べてるんだね。うれしいな。」と承認。

の繰り返しでした。

またある日。
私:「ご飯だよー。」
娘:時間をかけて席につく。

いただきまーす。

娘:食べ始める。
私:(あれ?何かいつもと違うな。ああそうだ、文句言わなかった!)
と気づいたその瞬間!
私:「今日、文句言わなかったねー!お母さん、すごくうれしい!」と承認。

よくやる私の反応と、NHAを意識できた時の私の反応の違い、
伝わりましたか?

私は、ついネガティブな娘の言動に反応してしまいます。
NHAを使った時は、ネガティブには反応せず、娘のできていることに反応しています。
ここが、NHAの大きな特色です。

ご飯に文句を言わなかった
魚を食べた

って、一見、当たり前のこと、やって当然のことに思えるかもしれません。

でも、ここには、
娘の素晴らしさを見ることができるのです。
彼女の中で、様々な力が育っていることに気づけるのです。

・嫌いなものを少しでも食べようと努力する力。
・栄養のバランスをとるために、嫌いなものも食べる、健康に気を付けられる力。
・苦手なことに自分から挑戦する力。
・どんなメニューでも、受け入れる受容力。
・作った人を尊重する力。

これは、NHAを使った生活の一場面にすぎません。
とはいえ、つい「”いつもの”お母さん」をやっちゃう毎日であります。

さて、ここまで読んで、
だけどさ、これは、ほめて育てるってことでしょ?
と思ったあなた!
そうですね。似てますよね。

で・も、
NHAはほめて育てる子育てではありません。
これについては、こちらの投稿記事をお読みくださいませ。
→「ほめない子育てNHA」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA